結婚してから15年目にして私がたどり着いた究極の弁当作成術です
(ボリューム重視派や見た目重視派の方には不向きです…)
 
 
1:どんぶりを一つ用意します
2:冷蔵庫にある野菜をカットしてサラダを作ります
3:常備菜や残り物のおかずがあれば、アルミカップに入れて上に載せます
4:ラップして出来上がり。
 
この方法なら、前の日にカレーや鍋物などで残り物のおかずが足りなくても一食分どんぶりを満たせます。
(腹持ちは、日によって変わりますが…)
まあ私は、カレーや鍋物の中から具材を拾い上げてアルミカップに入れてしまいますけど
(カレーになる前に、ジャガイモや人参を拾って麺つゆで和えて肉じゃが風、とか)
(味噌汁作ってる間にブロッコリー放り込んで、煮えたら引き上げて鰹節かけて、とか)
 
一応冷蔵庫に葉野菜(キャベツやレタス)と実野菜(トマトやきゅうり)を常備しておく必要はありますが
逆に言えばここ以外に面倒なポイントがないです。
 
おかずが足りない時は果物さえ常備しておけば、何となくそれでどんぶりは山盛り一杯にな
ってくれます(笑
 
きゅうりは常に乱切り(輪切りが面倒)キャベツも千切りは面倒なので、ざく切りにしてどんぶりに入れたらレンジでチンしてしまいます。これはこれで美味しいです。
 
利点
〇切って載せるだけなので調理が不要
〇支度・作成・後片付けまで含めて、全工程10分もあれば完成する。
〇おかずの残り物がない日でも作れる。
〇野菜いっぱい摂れるので、これさえ食べておけば栄養バランスに頭を悩ませる必要がない
〇洗うのが楽。プラスチック容器より衛生的。
 
悪い点
〇炭水化物が入ってないため腹持ちが悪い
〇男性に作ったらキレられる(自分限定)
〇車通勤の場合に限る?(持ち運び不便)
〇職場の冷蔵庫にドレッシングを置かせて貰える・箸があるなどしないと不便かも?
〇おにぎりのように急いで片手で食べられない
 
夕方にはお腹ぺこぺこになってしまいますが、栄養のバランスが取れていると空腹でもあまりイライラしないし、
低血糖でふらふらしたりもしにくいです。と思います。
私は職種的に、食べた後、眠くなったり動きにくかったりすると仕事に差し支えるのでこのやり方が向いているなと感じます。
皆様も機会があったら試してみてくださいね(^o^)/
 
サラダのおすすめは大根の細切りです。生食により酵素がダイエットにお役立ち。
よく噛むので満腹感が出ます。
ブロッコリースプラウトも近頃は手軽・安価に入手できますし切って放り込むだけ、しかも健康効果は折り紙つき。
 
スムージーより安価に出来ますし、よく噛むことと視覚効果で脳が満足します。
(脳が「これじゃ足りないYOー!」信号を出すと過食に走りやすくなるため、スムージーをよしとしない風潮もあるようですよ。参考までに…)
 
プライベートエステティック和起