先日、夫方の親戚宅へお呼ばれしてきましたヒダカです。

フランス生まれのご主人・レミーが腕をふるってくださいました

まさに「レミーの美味しいレストラン」!作ってるのはネズミじゃなくちゃんと人間でしたが(笑

料理は初めてらしかったですが、おフランスからお取り寄せの何かのパテとか(←分かってない)とっても美味しかったです!!
 
ちゃんと前菜-メイン-デザートというメニュー構成で、バナナフランベに至っては何と事前練習して臨んでくださったとか(笑

 
私も見習ってこんな、華やかな食卓を作ってみたいものです。。。(何となく料理本を買ってみたりしました…)

ちなみにお家にお呼ばれした時に、食べ物をもって行って一緒に頂くのは日本では普通のことですが、海外では失礼にあたるのでお花が無難だそうですヨ(食べ物が足りてない=貧しい家だと思われた!と受け取られるらしいです。まめちしき)

 
帰宅して、お腹いっぱいで幸福な眠りについたのですが、その深夜になぜか息子(一歳六ヶ月)が突然クループという喘息のような発作を起こして、生涯初の救急車ライドオンしてしまったりしました。幸い吸入とお薬でけろっと治り。小さい子にはよくあることらしいです。
 
最初はパニックで訳も分からず、昼間に分けてあげてたレミーの料理を一瞬疑ってしまったことを、こっそりと反省したりして。。。
何もなくて本当によかったです(^◇^;)
春の濃ゆーい一日でした。