夏の話になるのですが、パリに行ってました。

エステティックに勤め始めたのが18才
今から25年前になります

パリは憧れでした。

大手のたかの友梨さんもパリから持って帰って来た美顔器をきっかけにエステティックを開業されたとか…。
本場のエステティックを受けたくてイメージを膨らませてワクワクしていました。

到着し、タクシーに乗るなり運転手がつけてる香水がフワッと香り、笑顔でボンジュール
挨拶が気持ちいい。
韓国のタクシーに乗ると、ニンニクの香りがすること多いのですが
パリはみんな香水の香りがしていました。

観光箇所は
ベルサイユ宮殿、エッフェル塔、ルーブル美術館、サクレクール寺院。
一日は日本人の観光ガイドさんに案内していただきました。ガイドさんが勧めてくださったエステ レスパスヨンカ。
日本でもヨンカを扱っているサロン様はあるようですが、直営店が銀座にあるそうです。そこを予約していただきました。

エステに携わって25年、自分が本場のエステティックを受ける日が来るとは夢のようでした。緊張と期待に胸を膨らませてドアを開けようとしたら
 
・・・閉まってる ガクッ。
セキュリティのためかなと思いピンポーン…
 
応答なし。
 
 
予約したのは夕方の5時、営業は開始しているはず…
電話しても留守番電話

 
結局、受けることが出来ずに帰ってきてしまいました。