image image

 先日、息子の『高校合格祝い』という名目でカリフォルニアアドベンチャー&ディズニーランドパークに行ってきました。(お城は悲しい姿でした。)

image image

 海外ディズニーは、東京と違って待ち時間が短い!乗車中でも写真が撮れる!意外にこじんまりとしているので移動が楽!と、楽しさがウン倍!!そうそう、天気もなかなか良い!5~15分待ちで殆どのお気に入りアトラクションを満喫し、30分待ちに躊躇してしまうほど。東京では考えられないことです。待ち時間が少ない理由は、乗り降りの速いことが大きいかな。降りると同時に乗り込む。ベルトのチェックもアバウトで、「ベルトを引っ張って見せて下さい。」的なことはするのですが、きちんとは見てな~い。カメラ撮影にしても何かあれば自己責任なのでしょうね。

 

 日本では、ディズニーの接客はNO.1だと言われていますが、アメリカではそうでもありません。キャストさん同士でハグして盛り上がってたり、お店のレジではお喋りしていて待たされることがしばしば。「おもてなし」の精神はないのでしょうね。しかし、フレンドリーなお国柄、ゲストさんの中には、自分撮りしていると「写しましょうか?」と写真を撮ってくれたり、息子に「どうぞ。」とりんごをくれたり、中三の息子は隣に乗った小さな子どもに「ハーイ。」と挨拶されたそうです。アトラクションのトラブルでしばらく待たされた時には、再開のアナウンスが流れると拍手と歓声が。私的には「やっとか~。」とため息を漏らしたいところでしたが、アメリカ人、ポジティブ!!

 

 料理はやっぱり日本の方が美味しい!!トイレも日本の方が綺麗!!飛行機の長旅は辛かったけれど、今回の旅行でアメリカの素敵な所や日本の良さを感じることができ、少しですが、自分の考え方やものの見方が拡がったような気がして嬉しいです。勿論、親として、息子たちにとっても意味のある経験になっただろうと、喜びを感じています。